冬に向けて・・・

最近のバッテリーはサイズ、形が同じでも内部の構造や特性が全く違う物(アイドリングストップ機能がついた車種用など)があるので安易に交換するのはNG。お近くのオートパル店にご相談下さい。
最近のバッテリーはサイズ、形が同じでも内部の構造や特性が全く違う物(アイドリングストップ機能がついた車種用など)があるので安易に交換するのはNG。お近くのオートパル店にご相談下さい。


大半のバッテリーがバッテリ液の補充を必要とするタイプ。この範囲に液量を保たないと本来の性能を発揮しないどころか、下側の線(青矢印の線)を下回ると、場合によっては内部のガスに着火して破裂することもあり、とっても危険!!
大半のバッテリーがバッテリ液の補充を必要とするタイプ。この範囲に液量を保たないと本来の性能を発揮しないどころか、下側の線(青矢印の線)を下回ると、場合によっては内部のガスに着火して破裂することもあり、とっても危険!!

いつもブログを見て頂きありがとうございます。ブログ担当の平林です。


このところイベント報告の記事が続いていましたが、本日は久しぶりに別のネタです!


タイトルの「冬に向けて・・・」って、ああスタットレスタイヤね。と思ったあなた、残念!!そのネタはそのうち書きます・・・。


今回はバッテリーのお話です。


朝と夕方はだいぶ涼しくと言うか寒くなってきましたね。


バッテリーは結構人間みたいな特性があって、夏は暑さで夏バテ冬は寒さで凍えてしまうし空腹(充電不足)になると力が出ないし、酷使すると(充電不足で使用したり放置したり、また手入れせずに使ったり)疲れがたまって早死にしてしまったりと・・・。


そうそう、食べ過ぎ(過充電:充電しすぎること)もダメです。太って大きくなっちゃうことはありませんが・・・。


前置きが長くなりましたが「冬に向けて・・・」ということで、夏場の炎天下、エンジンルームに閉じ込められていたバッテリーのなかにはこの時期、結構疲労が溜まっている(ダメージを受けている)物もあります。今のところ、何ごともなくエンジンがかかってしまうと気にも止めませんが、11月になり霜が降りるような朝、突然その時はやってきます。そう、エンジンがかからない。「バッテリ上がり」の状態です。


春ごろに車検や点検などで性能低下の診断結果が出ているバッテリーは要注意、何とか夏を乗り切ったけどもう限界の場合が・・・。


と言うことで「そういえば・・」と思い出した方は早めにお近くのJAオート長野各オートパル店でバッテリーの点検を受けて下さいね。


人も車も寒くなると体調(車は調子?)を崩しやすくなるので皆様も注意してくださいね。と書いている本人が2~3日前から喉が痛いブログ担当の平林でした。


次回もまた見てね!!